Tag Archives: Mohamed Mahmoud

Aleppoの後藤健二さんと学校の現状写真

Image
Aleppoの後藤健二さんと学校の現状写真

Mohamed Mahmoudさんが後藤健二氏について
Facebookで、去年の5月にポストした記事を再度シェアなさっていました。
英文の後に大まかな意訳を付けます。(*)は補足です。

Mohamed Mahmoud shared his post — with Sami Meshaal and 3 others.

Mohamed Mahmoud on Kenji Goto

Yesterday, the Japanese journalist left Aleppo after spending seven days in the city where he lived like Syrians do live: no water, no electricity, sleeping on the floor and welcoming barrel bombs..and as soon an explosion comes to happen, he would jump like a monkey – he’s 47 – camera in hand and start running after Civil Defense men…without even thinking of his shoe laces.

It was the fifth visit for Kenji Goto in Aleppo. Although he was detained for 48 hours, in Aleppo last February, he vowed to come back in the hours following his release. And he did. Yesterday, he promised to come back in a month from now. Beside being very tired, running all day long with our White Helmets, he found time and courage to give a comprehensive training on photography and videography to young media people in Aleppo.

I want to stress the bravery of this man who has no camel or kimono, i.e. no material interests, in the Syrian revolution compared to those Syrians with heavy beards or belly, or shiny neckties and shoes, holding positions on Gaziantep, Maraach, Antioch first lines of the back-lines of Adana, Mersine or even in Istandbul.
(…..)
‪#‎Kenji‬, a tribute to you….wherever you’re!

昨日、ある日本人ジャーナリストがアレッポを去った。
シリア人と同じように7日間を過ごした後でだ。
水も無く、電気も無く、床に直接寝て
樽爆弾( 樽に金属片などを詰めた一種の焼夷弾* ) を迎える生活…
そして、爆発が起きるやいなや、47歳だというのに、
猿のように身軽に、カメラを手に持ち、
市民防衛団 ( Civil Defense men* )の後を追いかけて行く。
クツひもを結ぶことを考えるまもなく。

これは、後藤健二の5度目のアレッポ ( Aleppo, Syria シリア* ) 訪問だ。
2月に48時間アレッポで拘束されたが、解放された直後には、もう、
絶対に戻って来ると誓っていた。
そして、戻って来たのだ。
昨日、彼は、1ヶ月後に戻って来ると約束した。
毎日、白ヘル団( White Helmets 前出の市民防衛団?) と
一緒に走り回って、疲れているだろうに、
時間をさき勇気を奮って、アレッポのメディアの若者たちに
カメラとビデオの撮影術を、一から十まで手ほどきしてくれた。

私は強調したい、この、ラクダもキモノも持たない、つまり、
物質的な興味を持たない男のシリア革命での勇気を。
豊かなヒゲ、メタボ腹、真新しいネクタイに靴をもち
Gaziantepや、Maraachや, Antiochや
Adana, Mersineという最も前線から離れた( 安全な* )所
はてには、( トルコの* ) イスタンブールで
高い役職についているシリア人たちと比べてだ。

#Kenji 、君に、この文を捧げるよ…君が今どこにいようと!

Kenji Goto trains Free Aleppo young media team

後藤さんがメディアの若者たちに教えている様子の写真とポストも
翻訳されシェアされています。

Mohamed Mahmoud shared Baraa AL Halabi’s photo.

Kenji Goto in ‪#‎Aleppo‬, May 2014,
during a training on ‪#‎photography‬ and ‪#‎videography‬ given for free
to media teams in Free Aleppo.
2014年5月 アレッポで、後藤健二さんが
Free Aleppo ( 解放アレッポ?* ) の メディア・チームに
カメラとビデオの撮影術を無料無報酬で教えているところ。

Baraa AL Halabi with Mohamed Mahmoud and ‎خليل نور الدين حجار‎
لأول مرة أحضر دورة اعلامية بتاريخ الثورة السورية ولكن ليس بتركيا ولا عن طريق جهة داعمة أنما في حي الشعار وعلى ضوء البطارية
صحفي ياباني يدعى كنجي متضامن من القضية السورية وأحب أن يضع بصمة لنا قبل رحيلة

Mohamed Mahmoud Baraa AL Halabi wrote:
For the first time, I attended a media training since the Syrian revolution erupted.
It wasn’t in Turkey; and it wasn’t with any official organization funds.
It was here in Aleppo, (Al-Chaar) on a car battery LED lights
(see above the white board).

A Japanese journalist named Kenji Goto who did it
in solidarity with the Syrian cause, and
who left his touch before leaving Aleppo.

シリア革命勃発後、初めてメディアの授業に出た。
トルコででもなく、公的機関の資金によってでもない。
ここ、このアレッポ ( Al-Chaar ) で。
車のLED灯を使って。( 白板の上 )

後藤健二さんという日本人ジャーナリストが
シリアで起きた運動と結束して行なってくれた。
アレッポを去る前に残していってくれたのだ。

そして、
Mohamed Mahmoudさんのシェアには
アレッポのいくつかの学校の惨憺たる様子の写真もありました。

Mohamed Mahmoud shared ‎ام الثوار‎’s post.
29 January at 00:46 ·

Current state of several schools  in Aleppo

État présent de quelques écoles à Alep!
アレッポの学校数校の現状

‎ام الثوار‎ added 5 new photos.
هنا حلب المدمرة
كانت مدارس…حسبنا الله ونعم الوكيل

1月26日のブログ
「Halab Today TV 後藤健二さんを讃える/ シリアの子どもたちの歌声」 で、
後藤健二さんが首に巻いているスカーフは、
近所のコミュニティ・スクール ( いわゆる寺子屋 ) に通う女の子が手作りした、と説明されていましたが、
学校が、こんな状態なので、子どもたちはコミュニティスクールに通っている…ということでしょうか……。

Advertisements

Aleppo 後藤健二さんを祈る終夜集会 ( 写真と動画 )

Video

Mohamed Mahmoudさんがシェア
シリアAleppoで後藤健二さんの無事を祈る写真と動画

Aleppo Syria Candlelight Vigil

Mohamed Mahmoud added 2 new photos — with Alaaeddin Alzaeem and 36 others

Last Year, Kenji Goto waited almost one week on the Turkish-Syrian border crossings looking patiently for an opportunity to get in Syria to report on Aleppo’s suffering under barrel bombs.
Today, he’s a hostage at ISIS hands…and we’re all hope to see him soon!
Activists and media specialists – some of them were trained by Kenj – staged a ‪#‎candelightVigil‬ in ‪#‎Aleppo‬ in solidarity with him.
Sitting on the ground by this cold evening to tell Kenji’s family and friends: We in Aleppo (Syria) do not forget our friends and those who help us. I AM KENJI Simply, on the ground with candels, with a real hope to see Kenji recovering his freedom very soon, so he can go back to his family and comes back to see us when he can.
Photo: Sami (سامي مشعل)

【拙訳 ( 意訳 ) 】
去年、後藤健二さんは、トルコ・シリアの国境で
barrel bombs ( 樽爆弾、樽に火薬と金属片などをつめた焼夷弾 ) で
苦しむアレッポの様子を取材するために
なんとかシリアに入国できないかと辛抱強く機会をうかがいながら
一週間近くも待ち続けた。
今日、彼は、人質として、ISISの手中にある…
そして、私達は、皆、彼との再会を願っている。
#Aleppo ( アレッポ ) で、
彼と心を共にした#candelightVigil ( 夜通しロウソクを灯す集会) を
おこなった活動家とメディア・スペシャリストの中には
健二さんから手ほどきを受けた者もいる。
この寒い夕べ、地べたに座って、
健二さんのご家族とご友人達に伝えるために、
我々、シリアのアレッポでは、
友人 そして 我々を助けてくれた恩人を
忘れないと、そう、I AM KENJI なのだと、
地面にロウソクを並べる。
本当に希望を抱いているのだ。もうすぐ、
健二さんは、自由を取り戻して、ご家族の元へ戻れると、
そして、いつか私達にも会いに戻って来れるようになると。

Aleppo, Syria Candlelight vigil for Kenji Goto

Candlelight Vigil for Kenji Goto, Aleppo, Syria

Photo: Sami (سامي مشعل)