Tag Archives: イスラム国

KaylaさんとMuath中尉と東京大空襲(追記2)

Video
KaylaさんとMuath中尉と東京大空襲(追記2)

*Kayla Muellerさんから家族へ託された手紙のスクリーンショットと英文を追記しました。
*続報は、2月11日「Kayla Muellerさん、その後の報道」を、どうぞ

ISIS claims American hostage killed by Jordanian airstrike in Syria

昨日、ISISにより、ヨルダンの空爆で亡くなったと発表された
アメリカ人エイドワーカーのケイラ・ミュラーさん( Kayla Mueller )
「証拠が無い」
「ISISの言う事は全く信頼に値しない」
「金曜日の祈りの時間だったのでISIS兵士には全く被害が無く
亡くなったのは彼女だけというのは明らかに怪しい」
…と、ヨルダン及びアメリカの政府も
CNNニュースに出た英国名門大学LSEの教授も否定しておりますが
ムアズ中尉の時のような
「生きている証拠」ならばともかく
ここで論じられているのは
「死んだという証拠」
あるいは
「ヨルダンの空爆で亡くなった証拠」
と、つまり
確実に亡くなっているのを前提にして言っているのですから
まだ生きていると希望をよせていらっしゃるご両親にとっては
非常に辛い報道ではないでしょうか?
アリゾナ・プレスコットの街に出始めた
Pray for Kayla ( ケイラのために祈りを ) の立て看板のように
祈りを捧げます…。

Kayla Mueller

実は、
つい数日前
去年の4月に解放されたフランス人ジャーナリスト4人のうちの1人
デディエ・フランソワ ( Didier François ) さんが、
CNNのインタビューの冒頭で「26歳のアメリカ人人質」について聞かれ
彼女の見に危険が及ぶので詳しい事は言えないが…
と断った上で、女性の人質たちは、
手錠もされていなかったし、男性よりは若干自由があったが
非常に恐ろしい状態にあったことには変わりがない、
料理を作るよう強制される時もあった…などと答えていましたので
昨日、ケイラさんのニュースが出て来た時には非常に驚きました。

ISIS captors cared little about religion, says former hostage

10 months as an ISIS hostage

ケイラ・ミュラーさんは、18ヶ月前、2013年8月4日、
シリアのアレッポ ( Aleppo ) で、ボーイフレンドも含むシリア人
エイドワーカー達と一緒に、拘束され、シリア人達が全員解放された後、
Reuters報道( 家族からは未確認の情報 ) では
去年の7月12日に
5百万ユーロ ( 約660万ドル )の身代金を払うか、
アル・カーイダとの繋がりを疑われFBI調査官などの射殺未遂で
テキサスで86年の刑に服役中のパキスタン神経科学者
アーフィア・シディキ( Aafia Siddiqui ) を釈放しなければ
30日以内に処刑すると警告されていたものの
シディキ釈放運動のムスリム活動家サーラカーン( Saalakhan )氏によると
シディキ一家からミュラーさんの助命嘆願書が送られ、
一命をとりとめていたということ。
また、Daily Mailの報道では、
去年、同僚のエイドワーカー達に送られた身代金要求ビデオの
ミュラーさんはブルカ姿 ( 女性イスラム教徒の髪や体を覆い隠す服装 )
だったそうです。

ところで、
ミューラーさんが、最後のアメリカ人人質、と書かれている記事が、結構、あったのですが
つまり、国籍も名前も公表されていない赤十字国際委員会職員3名の人質の中には、
アメリカ人は、いない、という事をアメリカ政府や報道機関は把握しているということになります。
Aafia Siddiqi
アーフィア・シディキ( Aafia Siddiqi )博士

それから、
ムアズ中尉の最期の動画の大部分は空爆への批判で占められ、
動画の最後には、空爆に参加するヨルダン空軍将校達の情報が写真付きで詳しく載せられ、
彼らの殺害賞金まで出されていましたし、
空爆で死亡した子ども達の写真や、瓦礫に埋れて亡くなった遺体の写真など
空爆で焼け死んだり生き埋めになった人達への報復として、
ムアズ中尉にも火をつけブルドーザーで檻の上から瓦礫を落として遺体を埋める…と
あたかも空爆の被害を再現するような方法で、
明確に空爆と関連付けていました。

こんな事を申し上げるのは恐縮ですが
東京大空襲でも、こうやって、多くのかたが
犠牲になったんだな…と
ISISに明らかにサディスティックなメンバー達がいるのは承知したうえで
なお、空爆というものは、こうやって、人を殺すものなのだ…とも
感じざるを得なかったのです。

もちろん、それが、この ゲーム Call of Duty によく似た
「プロパガンダ」動画の狙いでもあるのでしょうが、
空襲や原爆を体験した親達の子世代の東京人としては
やはり、空爆に対する複雑な感情は抑え切れません。

1945年3月10日の東京大空襲で
どれだけの東京市民が、老若男女
米軍の焼夷弾で、直接、あるいは
身動きが取れない火の海の中、一瞬にして身を焼かれたか…

ムアズ中尉のように、
シリア政府軍の空爆を受けるAleppo市民の様に
あらゆる紛争地域の市民の様に…

tokyo daikuushuu 東京大空襲

US Air Force Bombing of Tokyo, 10 Mar 1945
( Incendiary bombs were specifically developed and used )

東京大空襲

「Dresden Bombing 70 Years On ドレスデン大空襲70周年」
https://canarin.wordpress.com/dresden/

【記事リンク】
ロイター報道

Islamic State ‘sentenced’ U.S. hostage to death last year – activist

非常に詳しい写真満載の英紙Daily Mail報道


ISIS claims that female American aid worker who has been held hostage for 18 months has died in Jordanian air strike – but minister insists it’s a ‘PR stunt’ by jihadis

・ISIS militants claim Kayla Jean Mueller was killed in a Jordanian air strike
・Jordanian officials tonight dismissed statement as group’s ‘latest PR stunt’
・The 26-year-old is understood to be last US hostage held by terror group
・She and her Syrian boyfriend were captured in Aleppo in August 2013
・ISIS had reportedly been demanding $6.6 million for her release and last year sent a video of her pleading for her life to her aid worker colleagues
・Mueller was apparently seen completely covered by a burqa in the video
・US officials said they have seen ‘no evidence that corroborates’ ISIS’ claim

2013年5月に、お父さんが会員になっているKiwanis Clubで
体験談を話した時の地元の新聞The Daily Courierの報道

Prescott woman gives aid to Syrian refugees

ヨルダン政府の反応

Jordanian Spokesman: We are very suspicious of ISIS claim

CNNの取材に答えるLSEの教授

ISIS claims Jordan airstrike killed U.S. female hostage

【追記1】

Kayla Mueller Letter

【追記2】

On Tuesday, the family also released a copy of an unpublished letter Kayla wrote to her loved ones in the Spring of 2014, while in captivity:
‘Everyone, If you are receiving this letter it means I am still detained but my cell mates (starting from 11/2/2014) have been released. I have asked them to contact you + send you this letter. It’s hard to know what to say.
‘Please know that I am in a safe location, completely unharmed + healthy(put on weight in fact); I have been treated w/ the utmost respect + kindness. I wanted to write you all a well thought out letter (but I didn’t know if my cellmates would be leaving in the coming days or the coming months restricting my time but primarily) I could only but write the letter a paragraph at a time, just the thought of you all sends me into a fit of tears.
‘If you could say I have ‘suffered’ at all throughout this whole experience it is only in knowing how much suffering I have put you all through; I will never ask you to forgive me as I do not deserve forgiveness.
‘I remember mom always telling me that all in all in the end the only one you really have is God. I have come to a place in experience where, in every sense of the word, I have surrendered myself to our creator b/c literally there was no else….+ by God + by your prayers I have felt tenderly cradled in freefall. I have been shown in darkness, light + have learned that even in prison, one can be free. I am grateful.
‘I have come to see that there is good in every situation, sometimes we just have to look for it. I pray each each day that if nothing else, you have felt a certain closeness + surrender to God as well + have formed a bond of love + support amongst one another…
‘I miss you all as if it has been a decade of forced separation. I have had many a long hour to think, to think of all the things I will do w/ Lex, our first family camping trip, the first meeting @ the airport. I have had many hours to think how only in your absence have I finally @ 25 years old come to realize your place in my life.
‘The gift that is each one of you + the person I could + could not be if you were not a part of my life, my family, my support. I DO NOT want the negotiations for my release to be your duty, if there is any other option take it, even if it takes more time. This should never have become your burden. I have asked these women to support you; please seek their advice. If you have not done so already, [REDACTED] can contact [REDACTED] who may have a certain level of experience with these people.
‘None of us could have known it would be this long but know I am also fighting from my side in the ways I am able + I have a lot of fight left inside of me. I am not breaking down + I will not give in no matter how long it takes.
‘I wrote a song some months ago that says, ‘The part of me that pains the most also gets me out of bed, w/out your hope there would be nothing left…’ aka -­ The thought of your pain is the source of my own, simultaneously the hope of our reunion is the source of my strength.
‘Please be patient, give your pain to God. I know you would want me to remain strong. That is exactly what I am doing. Do not fear for me, continue to pray as will I + by God’s will we will be together soon.
‘All my everything,
‘Kayla’

以上、英紙Daily Mailより
‘I have a lot of fight left inside of me’:
American ISIS hostage Kayla Mueller’s last letter from captivity reveals
her determination to survive as her death is confirmed

この後の報道は
2月11日「Kayla Muellerさん、その後の報道」を、どうぞ

Advertisements

“Assadの拷問よりISISの火あぶり”

Image
“Assadの拷問よりISISの火あぶり”

Mohamed MahmoudさんのFacebookのシェアとポストより。

フランス語の後に、大まかな意訳をつけます。

Mohamed Kh Jafar さんのポスト
وكم من معتقل يتمنى الموت حرقآ على ان يعذب الى اﻷبد .. !
عذاب 12 ثانية ولا عذاب سنين ..
اذا كانت داعش مدرسة اجرامية ف نظامنا هو وزارة التربية اﻷجرامية .. !

Mohamed Mahmoud さんの仏訳
Il est des détenus dans les geôles de ce régime qui souhaitent brûler vif que d’être torturé continuellement:
souffrir pendant 12 secondes au lieu de souffrir pendant des années.
Si Daech (ISIS) est une école de crimes, le régime de Bachar est le ministère de l’éducation!

この政権 ( アサド政権* ) の刑務所の拘留者の中には、
絶え間ない拷問よりも生きたまま焼かれることを願う者もいるのだ。
12秒苦しむほうが、何年も苦しむよりマシだ…と。
もし、Daesh ( ISIS イスラム国 ) が、犯罪の学校であるなら
バッシャール ( アサド* ) 政権は、教育省だ!

Assad and ISIS

Mohamed Mahmoud さんのポスト

‪#‎Bachar_AlAssad‬ – et ceux qui l’appuient – est le premier terroriste et le premier responsable du terrorisme en tant que tel au Moyen-Orient depuis 2003 jusqu’à présent.
Les crimes de Daech (ISIS, IS, EIIL) et cie ne représentent qu’une portion médiatisée pour détourner l’attention de la masse des meurtres en masse que commet le ‪#‎régime_Alassad‬ depuis quatre ans contre le ‪#‎peuple_syrien‬.
‪#‎Hama1982‬
‪#‎Syrie2011_2014‬

#バッシャール_アル_アサドと、彼の支持者こそが第1のテロリストだ。
そして、2003年から現在までの間に中東で起きたテロの第1の責任者だ。
Daesh ( ISIS、IS、イスラム国 )と、その同類の犯罪は、
#アサド政権 が4年にわたり #シリア国民 に対して犯した大量殺人から、
大衆の注意をそらすために報道されたものの一部に過ぎない。

Assad est le premier terroriste

Aljazeera アル・ジャジーラの風刺画
地球が対処しているのは尻尾だけ。テロの元凶、頭部には全く影響なし。

Aljazeera on Assad

Aljazeera アル・ジャジーラの、その他の風刺画

Aljazeera cartoons

Aljazeera Cartoon

Cantlie氏ISIS動画と72時間の今さら感 (追記1)

Standard

***追記***
From Inside Halab ( Aleppo ) Video
「アレッポの街から」動画
https://canarin.wordpress.com/from-inside-mosul/

をページに追加しました。

From Inside Mosul Video
「モースルの街から」動画
https://canarin.wordpress.com/from-inside-mosul/

も上ページに、貼ってあります。

***以上***

Jihadi John ジハード(聖戦)ジョン の警告動画に出させられた
アメリカ人ジャーナリストJames Foley氏と Steven Sotloff 氏
アメリカ人エイド・ワーカーPeter Kassig氏
イギリス人エイド・ワーカーDavid Haines氏とAlan Henning氏は
犠牲になり、その様子が、さらに動画で公開されましたが
同じ場所で拘束されていたフランス人ジャーナリスト
Nicolas Hénin ( ニコラ・エナン氏 )は解放されています。

‘I shared a cell with every man beheaded by ISIS’:
Freed French hostage reveals his ‘brutal and gruesome’ ordeal at hands of terror group

そして、Hénin氏により、やはり同じ場所で拘束されていたと
証言されている イギリス人ジャーナリスト
John Cantlie ( ジョン・キャントリー )氏は
プロパガンダ動画 「 Lend Me Your Ears ( 耳を貸して下さい )」に
続けて出演し、10月25日に公開された「エピソード5」では、
「テロリストとは交渉しない」政策をとっている国も
水面下で交渉をおこない、その結果、
デンマークやドイツの「人質」たちは解放されたが
アメリカ政府と英国政府は何もしていないし
人質の家族や友人たちの救出活動の支援もしていない
と、その前のエピソードに引き続き失望をあらわにしています。
(Cantlie氏の家族は、政府は支援も救出努力もしていると、否定)

‘Some of us who tried to escape were waterboarded’:
British hostage John Cantlie says captives have been tortured in new ISIS propaganda video

( ISISの新プロパガンダ動画でJohn Cantile氏「逃亡を試み水責めを受けた捕虜も」)

ISIS hostage John Cantlie
‘believes two-thirds’ of what he says in propaganda videos, says his sister

( ISIS人質John Cantile氏は「プロパガンダ動画で語っていることの2/3を信じている」と、姉妹 )
・John Cantlie was kidnapped by jihadists nearly two years ago
・He has criticised both the U.S. and UK governments in ISIS videos
・His sister Jessica says her brother believes ‘two-thirds’ of what he says

上のリンクにもある「エピソード3」で、Cantlie氏が
「2年間も人質を放っておいて何もしなかったくせに
人質が殺されたら今度は、それを大義名分に使う」
というようなことをおっしゃっているのですが、
下にリンクしたジャパン・タイムズの記事によると
後藤健二さんのご夫人によると拘束されたのち、先月
身代金の要求があったということ。
それ以降、なんらかの「水面下での交渉」の試みや
確実な現地情報収集は、なされていたのでしょうか?
もし、殆ど、あるいは、全くなされていなかったのでしたら、
動画で72時間などと脅迫されて大騒ぎになることに
「今さら感」は、否めませんし、結局
政府だけでなく、反政府側も含めた、あらゆる方面によって
「大義名分」として使われるだけなのかもしれません…。

いつから数えて72時間なのか、、、って、、、
拘束されたのが去年、身代金の要求が来たのが先月、、
で、今さら、いつから72時間も、へったくれもございません。

それから
2億ドルを日本政府が身代金として払うなど
ISISだって考えてもいないでしょうし
身代金要求は、単なるプロパガンダと申しますか
わざわざ「絶対できないであろうことを要求」して
それを「理由」にする…という方法なのではないでしょうか。

「テロとの戦争」と言われて久しいですが
戦争相手の情報収集と交渉手段の確保は不可欠なはず。
日本政府、外務省は、
はたして、どこまで把握しているのか、
どの程度のことまで出来るのか、、、
こちらも、今さら感があります…。

Wife of Goto received ransom email from Islamic State in December

The wife of Kenji Goto, identified Wednesday as one of the two Japanese hostages held by the Islamic State group, received an email on her mobile phone in December demanding a ransom of more than ¥2 billion, government sources said Wednesday.

The freelance journalist’s wife first received an email in November from an unidentified party saying that it had captured Goto, according to the sources. His wife exchanged several emails with the party, but the messages did not include threats to kill Goto.

The sources said the government believes the emails were from the Islamic State group, since the address the messages were sent from resembles one used by the group in past hostage cases.

ところで、このCantlie氏、1月3日に、公開された動画では
リポーターとしてMosulの街を紹介しています。
後藤健二さんたちが、Cantlieさんのように、
まだISISにとって利用価値がある、と
なんとか生きのびていただければ…と願ってやみません。

British ISIS hostage John Cantlie appears in new propaganda video giving tour around Iraqi city of Mosul
( ISIS英国人人質John Cantlie氏、Mosulの街を紹介するプロパガンダ動画に )

Filmed documentary-style, he visits market, hospital and police station
The terror group released bizarre eight-minute video on YouTube today
He says the Western media’s perception of the city is ‘misleading’
Disputes an article published in the Guardian and later quotes Wikipedia
Claims life in Mosul is ‘business as usual’ and people are not ‘living in fear’
Iraq’s second largest city captured by ISIS militants during a blitz in June
Foreign Office spokeswoman said: ‘We are aware of the release of another video and are studying its contents’

拘束される前に撮った動画ではなく
拘束後にISISによって制作公開された動画です。


ISIS New Propaganda Video – John Cantlie Report From Mosul Iraq
「モズルの街の中から」書きおこし

もっとも、無事救出されたらされたで
身代金について批判の嵐は起きるでしょうし
さらに「自己責任」嵐の的にもなることは十分予測されます。

先日、ISISではない別の過激派集団からイタリア人エイドワーカー
Vanessa Marzullo ヴァネッサ・マルツゥロさんと
Greta Ramelli グレタ・ラメリさんが救出されましたが
身代金についてだけではなく、
自身の拘束者と合意の上で性行為をもったのではないかと言われ、
皮肉りツイートをした政治家Maurizo Gasparri氏は大批判を浴び
「#GasparrioffTwitter ガスパリをツイッター界から追放しろタグ」をつけられていました。

Italian senate vice president says kidnapped aid workers had sex with their captors
Maurizio Gasparri’s comments about Vanessa Marzullo and Greta Ramelli, held hostage for six months by Islamic extremists in Syria, provoke anger

2015/01/img_7880.jpg

左上John Cantlieさんの「出演」したISIS「プロパガンダ」動画
“Lend Me your Ears”
“From Inside Mosul”
左下
救出されたイタリア人人質Vanessa Marzullo さんとGreta Ramelliさん
警告動画
シリアに出発する前

右上
“From Inside Mosul” ISIS動画
右下
救出されたフランス人人質Nicolas Héninさん
犠牲になった英国人人質David HainesさんとAlan Henningさん