Category Archives: Canaries カナリヤ

Canaries and Guinea pigs カナリアとモルモット

Video

Yes they’re all doing great!

はい、みんな、元気です〜!

Advertisements

Instagram : Canary Po & Piggies カナリアとモルモットの共存!

Video
Instagram : Canary Po & Piggies カナリアとモルモットの共存!

全く唐突ですが、、開いたまま放置してあったインスタグラムを始めました。
基本的に、カナリアのポゥと、モルモットの三毛と茶々の動画でございます。
iPhoneからアプリを削除しようとするポゥ
iPadで、こっそりビキニの胸元を覗くポゥ
などの動画もございます。
動画は全て5〜15秒、
カナリアとモルモットの共存をご覧になりたいかた
カナリアかモルモット、あるいは両方と暮らしてみようかとお考えのかた
宜しければ、ぜひ、ご来訪くださいませ〜

https://instagram.com/naetakara/

アプリだと、非常に見やすくなりますが
普通のブラウザでもご覧になれます。

IMG_0887

あ…別に、ブログが、しんどくなって来たので
インスタグラムに逃避した…というわけでは
決してございません!!!!えぇ…決して……
ブログの継続は新年の目標でございますから……はい……

Canary and Guinea Pigs カナリアとモルモット

Video
Canary and Guinea Pigs カナリアとモルモット

もともと、日本でのカナリア人気復活を目指して始めたブログでございましたが
最近、全く、Canary 情報を載せておりませんでした!
特にカナリアとモルモットの関係!ポゥはモル宅に遊びに行くのが大好き!
最初は、何かあったら…と緊張し、中に入れない様にしておりましたが
そのうち、一緒でも大丈夫だとわかり ( 早い話、慣れて緊張感が消え (笑) )
一応、慢心とならぬよう目を離さず注意しつつ、万一の時は、
すぐに飛び立てる様に開け放した状態にして、自由にさせております。

Canary and guinea pigs カナリアとモルモット

Canary Po and Guinea Pig Miké カナリアのポゥとモルモットの三毛

三毛は「あぁウザっ…」と、思っていそう…(爆)

Tame Canary Po 人懐っこいカナリアのポゥ

かまってちゃんポゥ

Guinea Pig ChaCha モルモットの茶々

モルちゃんの、この口元が…たまらない…

Canary Po Bathing カナリアの水浴び

水浴び用の容器は断固拒否、いつも、この飲み水カップで洗っております…
飲み水容器は他にも付けてありますが、このカップから主に飲んでいる模様。

IMG_0648
ポゥと次男…ラブラブ( ←死語でしょうか?)

もはや、ポゥ、茶々、三毛 もふもふトリオのいない我が家は考えられません!

Baby Orangutan オランウータン赤ちゃん・カナリアPo動画

Video
Baby Orangutan オランウータン赤ちゃん・カナリアPo動画

今朝、BBC breakfastを見ておりましたら、
月曜朝にぴったりな和み癒し報道が!
Hunt for new mother for rescued orangutans
They have spent their short lives being looked after by humans, but now these Sumatran orangutans are looking for new families. Seven-week-old female Rieke was transferred from Berlin after being rejected at birth. Five-month-old male Bulu Mata came from Budapest after his mother died giving birth. Bryony MacKenzie visited them at Monkey World Ape Rescue Centre in Dorset.
英国 Dorset ドーセット の Monkey World に保護されている
スマトラ・オランウータンの赤ちゃんで、
ベルリンの動物園から来た生後7週間のRiekeちゃんは
生まれてすぐにお母さんに棄てられ
ブダペストの動物園から来た生後5ヶ月のBulu Mataくんは、
お母さんが出産時に亡くなってしまったのですが
今はニンゲンに育てられながら新しい「家族」を探しているところ。

朝の番組を通して何回も登場したのですが
私が見たのは上のリンク先の動画より、もっと可愛い
赤ちゃんが脇のあたりをなぜられて大喜びしている様子。
もう、ニンゲンの赤ちゃんと、そっくりなのですが
その動画が、まだ、見つかりませんので、とりあえず、
先日、
Euronewsに登場していた時の下の動画を!

Baby orangutan arrives in UK rescue centre – no comment

オランウータンが、こんなに、ニンゲンに似ているとは
全く存じませんでした。
可愛いすぎて涙が出そう…。

ところで…
日本のカナリヤ人気の復活を目指して始めたはずだった、このブログ(爆)
しばらく、カナリアPoの話題がございませんでしたが
この度、初めて、Poの動画をYouTubeに貼ってみました…。
ほんっとうに、文字通り、撮っただけの
何の変哲もない動画で申し訳ないのですが
カナリアと暮らしてみたいなぁ〜、と
お考えの方が、いらっしゃいましたら、ぜひ、ご参考に、どうぞ〜!

Po after bathing 水浴び後のポゥ

モルモットとの仲も良好!
Canary Po Vists Guinea Piggies カナリアのポゥ、モルモット家を訪問

一日数時間はカナリア御殿wの外におりますが
ひとしきり飛び回った後は、次男や私の肩や腕に止まって過ごしております。

Canary Po and iPad

それでは、
日本の皆さま、どうか、楽しいひな祭りを!

IMG_0209-0

Syria:おばあちゃんISISを叱るvideo和訳

Video
Syria:おばあちゃんISISを叱るvideo和訳

ISIS関連の悲惨な事件が毎日の様に起きておりますが
珍しく、と申しますか、、初めて、と申しますか、、
「和む」話題が、入って来ました。
この、元は、シリアでISISメンバーが撮影して載せたらしい
「おばあちゃん、ISISを叱る」動画が話題をよんでおりますので
英語字幕を文字起こしして、和訳 ( 意訳 ) をつけました。

Elderly woman filmed confronting ISIS
and branding them ‘devil’ before quoting Koran

Granny ( G ):
O you Devils turn back to God
おばあちゃん ( G ):
あんたら悪いやっちゃ、神様んとこに戻んなさいや。

ISIS man ( IS ):
O grandmother what do you mean?
ISISの兄ちゃん( IS ):
おばあちゃん、どういうことだよ?

G:
Turn back to God
神様のもとに戻るんじゃよ。

IS:
But everything is good between us right?
ここでは( ISISと住民の間は ) 全てうまく行ってるじゃないかい?

G:
Do not slaughter anyone and nobody will slaughter you.
誰も殺すんんじゃないよ。そしたら誰にも殺されないんじゃ。

IS:
The one that slaughters children I want him
子どもを殺すようなヤツは、ほっとかないさ。

G:
Let it rest and what about all those you killed and the Kurd that you slaughtered?
It’s all forbidden.
I swear nothing what you have done was in the way of God.
And Imam Al nawawi you have cursed him and al di’bi you have cursed him
Turn back to God
No one of you will win anything not you or Bashar
It’s all shit ( making us go backward) none of you is good.
You’re not ( good ) neither is he.
それはそれとして、あんた達が殺した人たちや殺したクルド人は、どうなんだい。
全部、禁じられていることなんじゃよ。
あんた達がやったことは、どれも神様の道から、はずれているんだ。
それからアル=ナワウィ師( イマン ) のことを、ののしったし、al di’biのことも、ののしったし。
神様のとこに引き返しなさい。
あんた達も、バシャル ( アサド ) も、どっちも勝てやしないさ。
みんな、くそったれだ。( あたしら後戻りで悪くなるばかりさ )
どっちもダメじゃよ。あんた達も、あいつ( アサド )も、ダメじゃ。

IS:
Grandmother we don’t have any free time, go away
おばあちゃん、俺ら、ヒマじゃないんだ。あっち行ってくんな。

G:
Neither of you will win, nor will anybody
You’ll only keep killing each other like donkeys
Go back to the way of God o grandchild
( ISIS men laugh )
Go back to the way of God
あんたら、どっちも、勝てないよ。誰も勝てやしないさ。
あんたらは、ロバのように、お互いを殺しあいつづけるだけじゃよ。
神様の道に戻るんじゃ、孫や。
( ISISメンバーたち笑う )

Man:
He says he prayed istighara ( Istikhara ) and he clapped as the ruling will fall.
Ask him did it fall?
こいつはイスティハーラの礼拝( 迷った時にアッラーのお告げを聞く礼拝 )をしたそうだよ。
それで、支配者が倒れるってんで拍手したんだってさ。
聞いてみなよ、倒れたのかって。

G:
God will not stop the regime nor will he make you successful.
All are the same.
[ the grandma starts to recite a poetry ]
神様は、( アサド ) 政権も止めないが、あんたらを成功させもしないさ。
みんな同じなんだよ。
[ おばあちゃん、詩を謳い始める ]

IS
Oh, granny is a poet.
おばあちゃん、詩人じゃないか(笑)。

G:
Your state ( ISIS ) is cursed.
あんたらの国 ( ISIS ) は、呪われているのさ。

Granny starts to quote Quran:
“There is no good in most of their secret counsels except ( in his ) who enjoins charity or goodness or reconciliation between people ” ( 4:114 )
“And if two parties of the believers quarrel, make peace between them but if one of them acts wrongfully towards the other fight that which acts wrongfully until it returns to Allah’s command; then if it returns, make peace between them with justice and act equitably; surely Allah loves those who act equitably.” ( 49:9 )
“The believers are but brothers, so make settlement between your brothers.
And fear Allah that you may receive mercy.” ( 49:10 )

There are 50 women here that are Shia and married.
Is this the same as marrying a bear and then holding up with a stick?( Saying )
( ISIS man bursts into laughter )

おばあちゃん、クルアーンを唱え始める。

*( クルアーンの翻訳は
http://www.krn.org/ja/default.aspx
http://www.way-to-allah.com/jp/quran.htmlより、お借りしました。)

第4章114節
「かれらの秘密の会議の多くは,無益なことである。ただし施しや善行を勧め,あるいは人びとの間を執り成すのは別である。」
第49章9節
「もしも信者が2つに分れて争えば,両者の間を調停しなさい。もしかれらの一方が他方に対して,(一方的に)無法なことをするならば,無法者がアッラーの命令に立ち返るまで戦いなさい。だがかれらが立ちかえったならば,正義と公平を旨としてかれらの間を調停しなさい。本当にアッラーは公正な者を愛される。」
第49節10節
「信者たちは兄弟である。だからあなたがたは兄弟の間の融和を図り,アッラーを畏れなさい。必ずあなたがたは慈悲にあずかるのである。」

ここにゃ、シーア派で結婚してる女が50人いるんだよ。
それって、熊と結婚して棒っきれで防ぐ( ことわざ* ) ってのと同んなじことじゃないかい?
( ISISメンバー爆笑 )

(*この諺の意味を調べてみましたらShia Chat でも、
どういう意味だろう、と、話題に上っていました。)

G:
Turn back to God, fear God!
You don’t want this slaughtering nor do you want this murder
神様の元に戻るんじゃ。神様を畏れるんじゃよ。
あんた達は、こんな虐殺やら殺害やら要らないだろうよ。

IS:
We have come to you with slaughter! ( ISIS slogan )
我らは殺戮とともにやって来たのだ!( ISISスローガン )

G:
The Zionist attack them
“And prepare against them what force you can and horses tied at the frontier to frighten the enemy of Allah and your enemy”( 8:60 )
At the war of Zaran mothers were hiding their children and they did not want them to fight
But now when you got money from America and weapons of America you want to kill each other
They are happy with killing each other
シオニストが攻めるんじゃ。
8章60節
「かれらに対して,あなたの出来る限りの(武)力と,多くの繋いだ馬を備えなさい。それによってアッラーの敵,あなたがたの敵に恐怖を与えなさい。」

Zaranの戦いじゃぁ、母親たちは、子どもたちを隠したんだ。戦いに行かせたくなかったからさ。
だけど、あんた達は、アメリカからお金と武器をもらったら、お互いを殺し合いたがって。
あいつらは、殺し合いを喜んでいるんだよ。

IS:
What you said was correct grandmother
今、おっしゃったことは、その通りだよ、おばあちゃん。

G:
Turn back to God
神様の下に戻りなさいよ。

IS:
We are now going
じゃ、俺ら、行くから。

G:
Turn back o grandchild
“And certainly We did destroy generations before you when they are unjust and they would not believe thus do We recompense the guilty people.” ( 10:13 )
“Then We made you succession in the land after them so that We may see how you act” ( 10:14 )
God is watching what you are doing
“Indeed, those deny Our verses and are arrogant toward them the gates of Heaven will not be opened for them, nor will they enter Paradise until a camel enters into the eye of a needle.
And thus do We recompense the criminals.” ( 7:40 )
“They shall have a bed of hell-fire and from above them coverings ( of it ); and thus do We reward the unjust ” ( 7:41 )
Turn o my grandchild to God..

孫や、引き返しなさいよ。

第10章13節
「本当にわれはあなたがた以前にも,かれらが不義を行ったために,幾多の民族を滅ぼした。
使徒たちが明証をかれらに与えたのだが,かれらは信じようとはしなかった。
このようにわれは,罪を犯した民に報いる。」
第10章14節
「それからわれはかれらの後に,この地をあなたがたに継がせた。
これはあなたがたが,如何に行うかを見るためである。」

神様は、あんた達が何をしているか見ているんじゃよ。

第7章40節
「わが印を偽りであるとし,それに対し高慢であった者たちには,天の間は決して開かれないであろう。
またラクダが針の穴を通るまで,かれらは楽園に入れないであろう。このようにわれは罪ある者に報いる。」
第7章41節
「かれらには,臥床として地獄があり,その上は(層また層で)覆われよう。
われはこのように不義なる者に報いる。」

帰りなさい、私の孫よ、神様のもとへ。

2015/02/img_9514.jpg

ISISの中核は
単純に殺戮好きでサディスティックな犯罪者や
過激で冷徹な政治家、狂信的な信者が占めているのでしょうが
末端というか、一部には
住んでいる地域の事情や当初の理想などでISIS傘下に入った
比較的普通のシリア人やイラク人もいるように感じます。

これは、ISISだけでなく、どんな集団でもそうでしょう。
戦時下の日本人も、対戦国米国の一般市民からは
今のISISの様に見られていたんじゃないかと思いますが
実際は、そんなことは、ありませんでしたから…。

元の動画が、いつ撮られたのかはわかりませんが
少なくとも、おばあちゃんは、
まだ、ISISを怖がっていないように感じますし
おそらく、お年寄りを大切にする慣習や道徳は
残っていた、いえ、残っているように思います。