3/11東日本大震災4周年 台湾在住日本人の感謝活動報道(動画と訳)

Video
3/11東日本大震災4周年 台湾在住日本人の感謝活動報道(動画と訳)

3/11 東日本大震災4周年,
震災後、台湾からの寄付や援助が世界一だったことは
日本でも、よく知られていますが
台北のレストランでは、日本人オーナーが、
3/11から一週間カレーを1日300皿無料で提供して「恩返し」をしたり
日本人留学生達が集まり感謝活動をしてネットに流したり…という
報道動画をYouTubeで見つけました。

[東森新聞HD]日籍老闆辦311感謝周 連7天咖哩飯免費

( 動画の中国語に、ざっと意訳をつけます。)

把熱騰騰的咖哩醬淋在白飯上,這一盤店裡的招牌必點
從3月11號開始,連續一個禮拜要免費送給客人吃,
為的是感謝台灣當年的義舉。

熱々のカレーがかかったライス、このお店の看板料理ですが、
3月11日から続けて一週間、お客さんに、無料サービスが行われます。
(震災)当時の台湾のチャリティに感謝するためです。

日本食レストラン伊藤店長:
「真的有很多的日本人愛上了台灣這些人,
然後原本就愛台灣的人就是更熱愛台灣,就是很感謝台灣。」
「本当に、たくさんの日本人が、台湾の人たちが大好きになったんです。
そして、もともと台湾が好きだった日本人は、もっと台湾が好きになって、
とても台湾に感謝しているんです。」

原是因為,日本311大地震,台灣捐贈了200億日幣 (約新台幣62億)
創下各國之最,讓這家餐廳的日本老闆心存感念,
發起311感謝周活動,連續七天顧客來吃咖哩飯,老闆免費招待。

実は、3月11日の東日本大震災で、台湾が200億円(約NT62億ドル)
という世界最高の寄付をしたことで
このレストランの日本人オーナーは深い感謝の念を心に抱き、
3/11感謝週間活動を始めたのでした。
7日連続、カレーを食べに来るお客さんに、お店のおごりサービスをします。

店の外の女性
「會來吃吃看。一定會來吃吃看。或是有機會可以帶家人一起來吃吃看。」
「味見に来ます。絶対、味見しに来ます。ひょっとしたら、家族を連れて食べに来れるかも。」

ウェイターさん
「這是今天送你們的炸豬排」
「こちらは、本日サービスのトンカツです。」

お客さん
「啊,謝謝!」
「あ、どうも」

儘管日本311地震即將屆滿四周年,但日本人仍然滿懷感謝,
去年這間拉麵店老闆就推出送豬排活動,向台灣人大唱感恩的心。

3月11日の大震災から、もうじき4周年になりますが、
日本の人々は、今も、感謝の気持ちで、いっぱいなのです。
去年、このラーメン屋さんのオーナーは、トンカツ無料サービスで
台湾の人達の恩に大きく感謝しました。

オーナーの野崎孝男さん:
「我沒忘記我來台灣之後很多台灣人的幫忙。」
「台湾に来てから、たくさんの人が助けてくれたことは忘れていません。」

還有日本正妹石黑亞實,每年還會號召日本留學生,在台灣辦活動,還把它拍成紀錄片在網路放送。

そして、日本の美人ギャル石黒亜実さんは、毎年、日本人留学生に声をかけ
台湾で感謝活動を行い、さらに、そのドキュメンタリーをネットで放送しています。

石黒亜実さん:
「台灣是在世界上幫助日本最多的國家,從東北大地震,已經過了四年了,
但是我們認為,不管過了多久絕對有著不能忘記的事情。」
「台湾は、世界で、一番、日本を助けてくれた国なんです。
東北の大地震がら、もう4年たちましたが、
どれだけ時が過ぎても絶対忘れてはならないということがあると
私たちは思っています。」

不忘台灣曾經伸出溫暖的雙手,在台的日本人透過各種形式,表達心中滿滿的感謝。

台湾が、以前、差しのべた暖かい手を忘れない…、
台湾に暮らす日本の人たちは、様々な方法で、
心いっぱいの感謝を表しています。

IMG_0514-1
充心感謝台灣!
A friend in need is a friend indeed
苦しい時にこそ真の友がわかるというものでございます。

***

震災2年後、2013年WBC( 野球W杯 )の際は
台湾代表の清々しさが感動を呼んだだけでなく、試合前には
もののふ庵 @KawagoeMononofu さんが
Twitterで「台湾に感謝しよう」と呼びかけ
日本側の応援席にも「謝謝台灣」のプラカードが並び
それが台湾にも紹介され両国で評判になっていました。

WBC台湾ナインのお辞儀の秘密 (台湾 日本 / Taiwan Japan)

***

犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、今もまだ、仮設住宅住まいの方々の生活が
一日も早く、少しでも正常に近くなりますように。
愛する人を失った痛みは消えることはないけれども
せめて、生活の場だけでも、政府が責任をもって整えてほしいと思います。
中東「援助」に2億ドル…の前に、日本の被災者…ではないでしょうか?

Advertisements

Comments are closed.