Times 英紙はウィリアム王子のNHK訪問を非難などしていない

Video
Times 英紙はウィリアム王子のNHK訪問を非難などしていない

本日ネットで
イギリス高級紙タイムズがウィリアム王子のNHK訪問を痛烈非難
http://matome.naver.jp/odai/2142512787753537301

という、
まとめ記事を読み、心底、驚きました。
まず、この「元記事」が、社説などの意見ページではなく、
国際ニュースのセクションに属す
ベテラン記者Richard Lloyd Parry氏による報道記事であるのに
そんな「痛烈な非難」などは、あり得ない、と思ったこと、
そして、元記事の見出しが
“William runs into a little local difficulty during Japan tour”
ラフに意訳すると
「ウィリアム王子、訪日ツアーで現地の問題に、ぶち当たる」
的な意味となり、ぶち当たるにしても、巻き込まれるにしても
問題は、あくまで現地、日本で問題視されている問題であり
この記事は、その現地の問題を伝える記事なのだ、という事が
明らかだったからです。

「まとめ記事」によると

イギリスの保守系高級紙タイムズが来日中のウィリアム王子がNHKを訪問したことについて痛烈に非難をしており、イギリスで議論が起こりそうだ。籾井会長の歴史認識をめぐる問題に巻き込まれたとの分析をしている
更新日: 2015年03月03日
gudachanさん

ということですが
タイムズ紙は、全く、非難は、していません。
当然、タイムズ紙の詳細な現地情報を読んで
「なんで、そんなヤツに会わせたんだ?!」
と、英国外務省が批判されるという可能性は皆無とは断言できませんが、
とりあえず、今の所は、英国も、他の事件や問題で
大忙しですし、ウィリアム王子も中国に移動したので
これから、この件が注目される可能性は、極めて低いと思います。
個人的心情では、注目していただきたいところですが…

The Times 新聞記事のリンク先は、有料になっているので
ここに、全文を載せて構わないのかどうか、わかりませんが
とりあえず、期間限定として、全文、紙面から、入力し直しましたので
大まかな意訳付きで、記録します。

Times UK, Prince William, Japan

【大まかな意訳】
ウィリアム王子の訪日は、昨夜、新たな争論に巻き込まれた。
本日、王子はNHKを訪問し、ニュース・ルームや
サムライ・ドラマのセットを見学する予定だが、
それを案内するのが、現在、日本で、最も物議をかもしている
第二次世界大戦での日本の行いに対して歴史修正主義者的な意見をもつ
国家主義者のNHK籾井会長だからだ。

籾井会長は、NHKを安倍首相の代弁者にしてしまったと非難され続け、
さらに、第二次世界大戦中、皇軍が、「慰安婦」と呼ばれる性奴隷を
使っていたという事に疑問を呈した事で、さらなる怒りをよんでいる。

昨日、野党、民主党の重要な党員が、ウィリアム王子が
籾井会長と会うことは、誤ったメッセージを発信し
NHKに、さらなる被害を与えると語った。

今月、TV討論番組で籾井会長と議論した「しいな たけし*」氏曰く
「正直に申すと、籾井会長は、NHKの会長としてふさわしくない。
スタッフと会長の考え方が、ここまで異なる状況で
王子が籾井氏を通じてNHKを知るのは良くない。」
「籾井氏の言動は、政治的な中立からは程遠く
また中立であることが重要であるとも考えておらず
ウィリアム王子に、誤ったメッセージを発信してしまう。」

一方、英国大使館のレセプションで、籾井会長は
ウィリアム王子と、どんな話をするかについては公言を避けたが
安倍首相の手下(stoogeは太鼓持ちの様な人 )であることは
否定し、当タイムズ紙に語った。
「全てにおいて安倍首相の言いなりだと言われていますが
そんなことはありません。一緒に食事をしたことも無いですし
安倍首相の意見には賛同するものもあれば、そうでないものもあります。」
籾井会長は、一年前、戦時中の「慰安所」を擁護した事で、批判を集めた。
慰安婦というのは、戦時中、皇軍の売春宿で働かされた人々を
婉曲的に表現した名称である。
日本政府は1993年に、その存在を認め謝罪した。

上智大学の政治学 中野晃一*教授は語る。
「NHKに対する政府のコントロールが日々増しているという非難の泥沼の中
ウィリアム王子が、わざわざNHKを訪問するというのは、非常に驚く。」

(後略)

William runs into a little local difficulty during Japan tour
( http://www.thetimes.co.uk/tto/news/uk/royalfamily/article4367853.ece )

Richard Lloyd Parry Tokyo
Last updated at 12:01AM, February 28 2015

The Duke of Cambridge’s tour of Japan was embroiled in fresh controversy last night amid criticism of his plans to meet a nationalist broadcasting chief who has revisionist views on the country’s conduct in the Second World War.

This morning Prince William will tour the studios of NHK, Japan’s equivalent of the BBC. He will visit the newsroom and the set of a samurai drama, escorted by one of the most controversial figures in Japanese public life, the NHK president, Katsuto Momii.

Mr Momii has been accused of turning the country’s most respected news organisation into a mouthpiece of the nationalist prime minister, Shinzo Abe, and provoked further anger by casting doubt on the existence of the so-called “comfort women” – wartime sex slaves used by the Imperial Army.

Yesterday, a prominent member of the opposition Democratic Party of Japan said that Prince William’s meeting with Mr Momii would send a “wrong message” causing more damage to NHK.

“To be frank, he is not fit to be president of NHK”, said Takeshi Shiina, who engaged in a televised shouting match with Mr Momii this month.
“In a situation where the ways of thinking of the chairman and his staff are so different, it’s not right for the prince to get his understanding of NHK from this president.

“His words and behaviour show that he is far from being politically neutral, and does not consider [the importance] of remaining independent of political power. It would send out the wrong message if he met Prince William.”

At a reception at the British embassy last night Mr Momii declined to comment on what he would say to William.
Yet he strongly denied being a stooge for Mr Abe.

“People say I agree with everything Abe says, but it is not true,” he told The Times.
“I have never even had dinner with Mr Abe. Some of what he says I agree with, some I don’t.”
Mr Momii first attracted criticism a year ago, when he defended the wartime “comfort stations”.

“Comfort women” is the euphemism used to refer to those forced to work in brothels by Japan’s Imperial Army.
The government admitted the existence of the comfort stations in 1993, and apologised.

Koiichi Nakano, a politics professor at Sophia University, Tokyo, said: “It is quite astounding that Prince William is going out his way to visit NHK at a time it is so mired in controversy over increasing government control.”

Yesterday, William laid a wreath at the war cemetery in Yokohama, containing the gravestones of 1,555 British and Commonwealth troops who died in Japan as prisoners of war.
He later revealed that being king was not his first choice of career.

“When I was younger I dreamt of being an astronaut,”he told Japan’s most famous astronaut, Soichi Noguchi.
“But I also wanted to be a policeman and a fire-breather — but that was maybe a bit alternative.”

China, where the Prince arrives on Sunday, last night said it had banned ivory carving imports.
The Prince is expected to raise the issue of elephant conservation during his visit.

ところで、この記事を報道した、もう、日本は非常に長い
ベテラン記者Richard Lloyd Parry氏のTwitter
@dicklp
を拝見していたら、こんなツイートがあり爆笑しました(爆)。

#PrinceWilliam’s new friend, the NHK mascot Domo-kun, has astutely been described as resembling an angry Weetabix pic.twitter.com/DIXrZlATqo

Richard Lloyd Parry Tweet

Weetabixというのは、英国人なら誰でも知っているし、おそらく食べたこともある
ブロック型の朝食シリアルなんですが
本当に、笑ったウィータビックスに見える…(爆)。
しばらく笑いが止まりませんでした(爆)。
Weetabixは、おバカ系CMでも有名で、例えば
こんな古典的名作(爆)が、ございます。

Weetabix – Black Beauty – 2001 – UK Advert

それにしても、今回のウィリアム王子の訪問先は
子連れ向きの場所が多かったような…
もともとは、キャサリン妃とジョージ王子も来日することを
前提にして予定を立てたのでしょうか?

【追記1 】
Oatibix

Advertisements

Comments are closed.