Kayla Muellerさん、その後の報道 (追記1)

Standard
Kayla Muellerさん、その後の報道 (追記1)

***追記1***
ご遺族に送られた写真は、一枚が、ケイラさんが
白い経帷子( きょうかたびら ) に包まれた埋葬時と思われる写真
もう2枚は、顔に、青あざがあったそうです。
***以上***

Kayla Mueller( ケイラ・ミュラー、ケイラ・ムラー)さんの死亡が
写真によって遺族に確認され、拘留中に、先に解放された人質などを
通して、家族に届けられた手紙のうち、去年の4月に渡された最後の1通も
ご遺族によって公開されました。
( 画像と英文全文は 2月8日「Kaylaさんとムアズ中尉と東京大空襲」 を、どうぞ )

TVニュースを見ながら、いくつか、記事を読みましたが
興味深かったのが、このアリゾナ共和党の報道( AzCentral )

From half a world away, Kayla Mueller rescue efforts frustrating, futile
ご家族と
当地の共和党 下院議員Paul Gosar氏
及び共和党 上院議員JohnMcCane氏による
ケイラさん解放への議員たちの中東訪問も含む様々な救出活動や
ご家族が政府にISISから要求された人質交換を嘆願した話、
トルコのアメリカ大使館が役立たずだったという話、
全体的にオバマ政権が非協力的だったという批判、
実際の救出作戦の失敗などが非常に詳しく報道されています。

In December 2013, Gosar’s chief of staff Tom Van Flein was invited on a congressional trip to visit the region.
While there, he met with an experienced State Department official at the U.S. Embassy in Ankara. The official offered little help, Van Flein said, shrugging his shoulders and telling him to deal with the issue in Washington. The response irked the congressman.
“It’s just pretty stupid,” said Gosar, a Republican who is frequently critical of the Obama administration. “Some folks working in this realm were not really understanding of the situation.”
(中略)
Mouaz Moustafa, executive director of the Washington, D.C.-based Syrian Emergency Task Force, said Monday that Mueller was one of the hostages the U.S. had hoped to free. Moustafa accompanied McCain on a May 2013 trip to Syria, before Mueller was captured.
“From the human-network intelligence that we’ve got, there was an attempt to rescue American hostages, but there was faulty intel when it came to that rescue,” said Moustafa, whose organization advocates for U.S. intervention in Syria. “Other than that, I think it has been a very limited effort.”

一方、
いつも包括的で詳しく大衆的な報道をする英紙Daily Mailは…
( ざっと意訳をつけます )

Was Kayla Mueller forced to marry an ISIS commander? Revealed, how rescue last year failed as Pentagon says terrorists killed her, not an airstrike

Was Kayla Mueller forced to marry an ISIS commander?
Revealed, how rescue last year failed as Pentagon says terrorists killed her, not an airstrike

・Kayla Mueller, from Prescott, Arizona, had been held in Syria since 2013 and last week ISIS claimed she had died in a Jordanian air strike
・However, the Pentagon on Tuesday declared that it was, in fact, ISIS who killed the young aid worker
・Also on Tuesday, President Obama revealed that last year he sent forces into Syria on an ultimately unsuccessful mission to pull Mueller out
・On Tuesday, her parents said they had received confirmation she had died after ISIS sent them an email and included a photo of Mueller
・The email did not show how or when the young woman had died
・At a press conference on Tuesday, her aunts and friends sobbed as they recalled her empathy and her incredible impact on the world
・The Mueller family also released a previously unpublished letter she had written to them from captivity in Spring 2014
・’I am not breaking down + I will not give in no matter how long it takes,’ she wrote in the letter
・On Tuesday, the White House revealed that there is at least one other American being held hostage in the Middle East

ケイラ・ミュラーはISIS司令官と強制的に結婚させられていたか?
今明かされる昨年の救出失敗、
死亡は空爆ではなくテロリストによるものと米国国防総省

・2013年よりシリアで拘束されていたアリゾナ州プレスコット出身ケイラ・ミュラーさんがヨルダンの空爆によって死亡と先週ISISが主張
・対して米国国防総省は火曜日、若いエイドワーカー、ケイラさんの死はISISによるものと断言
・また、火曜日には、オバマ首相が、昨年、ミュラーさんを救出するためにシリアに派兵したものの作戦は失敗したことを明かす
・火曜日、ご両親が、ISISより、ケイラさん写真付きのメールで、死亡確認を受け取ったと表明
・そのメールでは、死因や死亡時期は不明
・火曜日の記者会見では、叔母さんや友人達が、ミュラーさんの他者への思いやりや世界に与えた素晴らしい影響を偲びながら咽び泣き
・遺族、ミュラーさんが昨春拘束中に書いた手紙を初公開
・手紙には「私は、打ちのめされてもいないし、どんなに長い月日がかかろうと負けない」と書かれていた
・火曜日、米国政府は、中東で拘束されている人質が、まだ少なくとも1人はいることも明らかにした

先週
ケイラ・ミュラーさん死亡の第一報が出た時、
「最後のアメリカ人人質」と報道されているのを
何件か見かけたのですが、やはり、まだ
アメリカ人人質は、いるのが明らかになりました。
ただ、
それが、赤十字国際委員会の人質3人を意味するのか
別に、まだ明らかになっていない人質がいるのかかは分かりません。

Daily Mailの記事では
ケイラさんがISIS司令官と一緒にいる姿が
何回かドローン・カメラや偵察機で確認されていることから
ISIS司令官のひとりと結婚させられているのではないかと
推測されている模様。
…だとすると
ヨルダン空爆で亡くなったというのも
かなり、あり得るように感じます。
亡くなっているのが明白な写真であったことでしょうから
少なくとも、ご遺族、そして政府は、時期の確定はできなくとも、
空爆で亡くなったかどうかは分かっているのでは?

もし、結婚が4月以前であったら、一緒に拘束され
解放された人質達も、少しは知っていて、今まで
身に危険が及ばないようにと公表を控えていたのかもしれません。

具体的な人質交換や身代金要求と一ヶ月の期限が出されたのが7月
8月になると
アメリカ人人質ジェームズ・フォーリー( James Foley )さんが殺害された後
立て続けに、アメリカ人と英国人の人質が殺害されています。
ちなみにフォーリーさんも、アリゾナのフェニックスの学校で
教えていたことがあるそうです。

公開されていない手紙に書かれていたのでしょうか、
友人によると、ケイラさんは、看守に
折り紙などを教えたり、逆立ちをしたりして健康を保っていたそう…。

また、英紙The Telegraph
Kayla Mueller: profile of American aid worker kidnapped by Isil
によると
反アサド政権活動家カメラマンであるボーイフレンドとケイラさんが
出会ったのはエジプトの友人宅に泊まった時。
Skypeでコンタクトを取り続け、
一度、喧嘩になり、そのボーイフレンドが、彼女に花を贈ろうとしたものの
シリアに対する制裁で、シリア国外のクレジットカードが必要だと
この友人は、泣きつかれたことがあるそうです。
その後、2人は無事仲直りをし、一緒にイスタンブールへ。

She was also in love. She had relocated to Turkey with a Syrian activist and photographer – they met when she was in Cairo, sleeping on friends’ sofas.

By then her Syrian boyfriend was in Damascus, taking huge personal risks to help journalists to report on the atrocities being committed by Bashar al-Assad’s regime.
One day, he called me, distraught. He and Kayla had been keeping in touch by Skype and by email but they had had an argument. He wanted to send her flowers to say sorry, but because of the international sanctions on Syria, he needed a friend outside of the country with a credit card to pay.
Whatever argument they might have had however, it was quickly forgotten. A few months later they were together to Istanbul.

Doctors Without Borders/Médecins Sans Frontières (MSF) Statement About Kayla Muellerによると、
2013年に拘束された時は、
アレッポ( シリア Aleppo ) の
国境の無い医師団 ( Médecins sans frontières、MSF )の所へ
修理に呼ばれた技術者( ケイラさんのボーイフレンド)と一緒にアレッポ入りし、
修理が長引いたため、その日は、病院に一泊し、修理が終了した8月4日
MSFがアレンジした車で、トルコ行きのバスの発着場まで行く途中に
一緒にいたボーイフレンドと他の2人シリア人と一緒に誘拐されとのこと。

On August 3, 2013, a technician sent by a company contracted by MSF arrived at one of the organization’s structures in Aleppo, Syria, to perform repairs. Unbeknownst to the MSF team, Kayla, a friend of the technician’s, was accompanying him. Because additional time was required to carry out the repair work, the technician and Kayla were harbored overnight at the MSF hospital in Aleppo, due to safety concerns.

Upon completion of the repair work on August 4, the MSF team organized transportation for Kayla and the technician to the Aleppo bus station, from where they were to depart for Turkey. Kayla’s detention occurred during the drive to the bus station.

他の様々な記事で
このボーイフレンド( パートナーと報道する記事も )は
一緒に拘束された2人のシリア人とともに解放された後も
危険を顧みず拘束者と交渉を試み続けたと報道されています。

前出のFrom half a world away, Kayla Mueller rescue efforts frustrating, futileによると、
「ケイラさんの夫」を名乗り、解放するよう交渉しようとした
救出作戦があったそうですが、ケイラさん自身が、その作戦に気づかず
結婚などしていないと言ったために、失敗したそうですが

Sometime after Kayla Mueller was taken hostage by the Islamic State, a man arrived at the Syrian terrorist camp where she was being held. The envoy told the militants that he was the Prescott woman’s husband and demanded her release.
But Mueller, the 26-year-old aid worker kidnapped 18 months ago, denied being anyone’s wife. Mueller wasn’t in on the ruse, said U.S. Rep. Paul Gosar, R-Ariz., whose district includes the Mueller family’s home. Unknowingly, she had foiled a chance at freedom.

その男性は、このシリア人恋人だったのかもしれません。

また、上のアリゾナ共和党の記事リンクによると
救出活動にあたったGosar下院議員は、昨年11月に
米国市民の拘束や殺害に関わった外国テロリストの
逮捕か有罪判決に至る情報の提供者に
5百万ドルの賞金を与えるという議案を提出したそうです。

In November, Gosar introduced a bill offering $5 million for intelligence leading to the arrest or conviction of foreign terrorists involved in kidnapping and murdering Americans.

2015/02/img_8975.jpg

Advertisements

One response »

  1. Pingback: KaylaさんとMuath中尉と東京大空襲(追記2) | 英国マルチリンガルwカナリアPo

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s