Daily Archives: January 21, 2015

ISIS日本人人質の英紙Daily Mail詳細報道と動画

Video

Daily Mail は、英国で女性にも強い人気をほこる大衆型全国紙。
いつも、日本の週刊誌的に詳しいのですが、今回も、すばやく、
人質となった後藤健二さんと湯川遥菜さんの背景まで
しっかりと、動画つきで報道していました。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2917804/Video-Islamic-State-group-threatens-kill-Japan-hostages.html

2015/01/img_7795.jpg
DailyMail
The self-proclaimed ‘military consultant’ who headed
to war zones after his wife died of cancer
and a journalist dedicated to revealing the horrors of war:
The two Japanese hostages held captive by ISIS


妻がガンで亡くなったのち戦地にむかった自称「軍事コンサルタント」と
戦争の恐ろしさを伝えることに尽くしたジャーナリスト
ISISに拘束された2人の日本人人質たち

・New video featuring ‘Jihadi John’ threatens to kill two Japanese hostages
・Demands $200m in 72 hours to save Kenji Goto Jogo and Haruma Yukawa
・Yukawa ‘seized in Syria in August after going there to train with militants’
・Video shows him firing an AK-47 with caption: ‘Syria war in Aleppo 2014’
・Goto is freelance journalist who went to report on Syria’s civil war last year

・「聖戦ジョン(Jihadi John)」の新動画、日本人人質2名を殺害すると脅迫
・後藤健二さんと湯川遥菜さんの命を救うには72時間以内に2億ドルを払えと要求
・湯川氏は過激派グループと訓練するため8月にシリア入りしたのち拘束
・「シリア戦争アレッポ2014」動画でAk-47銃を撃つ湯川氏
・フリーランス・ジャーナリスト後藤氏は昨年シリア内戦の取材に

身代金要求動画の内容 ( 「Jihadi Johnジハードのジョン」の動作つき )

‘To the prime minister of Japan: Although you are more than
8,000 and 500 kilometres (5,280 miles) from the Islamic State,
you willingly have volunteered to take part in this crusade.

‘You have proudly donated $100 million to kill our women and children
– to destroy the homes of the Muslims.
‘So the life of this (points knife at Kenji Goto Jogo)
Japanese citizen will cost you $100million.

‘And in an attempt to stop the expansion of the Islamic State,
you also donated another $100million to train the mujahideen
against the mujahideen.
‘And so the life of this (points knife at Haruna Yukawa)
Japanese citizen will cost you another $100million.

‘And to the Japanese public:
Just as your government has made the foolish decision to
pay $200million to fight the Islamic State,
you now have 72 hours to pressure your government into
making a wise decision by paying the $200million to
save the lives of your citizens.
‘Otherwise, this knife will become your nightmare.’

この動画↑は、下のFNNニュース動画の中で見ることができます。

「イスラム国」日本人人質事件 身代金2億ドル要求する映像公開(15/01/20)

CNNの動画

Islamic State, In Video, Threatens To Kill 2 Japanese Hostages

英国やアメリカの人質たちが、たどった運命を考えると
ほぼ絶望的な状況ですが、お二人には助かってほしい…。
命の火が目の前で消えていくのを見るのは、つらすぎます。

香田証生さんの犠牲は、まだ、鮮明に、思い出せます。

Shosei Koda Wiki

このブログは、いちおう、
日本でのカナリア人気の復活を目的としておりますが
忘れたくないと感じたニュースも、動画やリンクをまとめてメモし、
また、外国語部分は、必要に応じて日本語に意訳しております。

むしろ、こんな時ほど、明るいブログを
心がけるべきなんでしょうが、やはり、
本日は、佳鳴屋ポゥの写真は無しで…。

【追記】
友人が教えてくれた後藤健二さんのChristian Todayのインタビュー
【インタビュー】国際ジャーナリスト・後藤健二〜それでも神は私を助けてくださる〜

このリンク先のコメント欄で、キリスト教徒だとわかったら、
ますます命が危うい…的な意見を、いくつか拝読しましたが
キリスト教徒か否かは関係ないと思います。
多くのイスラム教徒がISISに殺害されています。
また
もともとイスラム教徒の男性は同じ一神教の
キリスト教徒の女性とは結婚できますし
( イスラム教徒の女性は異教徒とは結婚できませんが )
英国には、そんな男性イスラム教徒と女性キリスト教徒の
カップルが、それほど少なくはありません。
むしろ、問題になるのは、イスラム教徒と
多神教のヒンズー教徒の組み合わせだと思います。
( パキスタンとインドの独立当時の相互虐殺も、然り。)

【追記2】
ISLAMIC STATE –
Informal negotiations for the liberation of the Japanese hostages supposedly failed



シャミル常岡 ( 常岡浩介 ) 氏のTwitter @shamilsh

Shamil Tsuneoka
先ほど、帰宅いたしました。
警視庁公安外事三課に対して、私戦予備陰謀事件というでっち上げの違法捜査には協力しないと申しましたが、邦人の人命救助のためなら外務省にも、警察にも喜んで協力します。
私とハサン中田考先生はイスラム国と交渉が出来ます。が、イスラム国側の連絡先情報を警察がおさえた今、盗聴、発信元探知などで相手方に危険が及ぶ可能性があり、現地に連絡を試みることができていません。
日本政府がオマル・グラバ司令官の身柄の安全を保証し、私とハサン先生を交渉人として認めてくれれば、私たちは湯川さん、後藤さんの解放をイスラム国に直接、訴えることができます。日本の拠出する2億ドルはあくまで人道支援目的に限定されたもので、イスラム国を軍事攻撃するためのものではないと説明できます。さらに、イスラム国側が安倍総理の対中東政策をもって、日本人人質を処刑するのは不適切だと説明します。
オマル・グラバ司令官の説明では、去年の8月から10月にかけて、イスラム国は湯川さんを処刑したり、身代金を要求する意志がないことを明言していました。今回、その方針が変わった理由を問い質します。
現時点で、外務省からも、警察からも、連絡などは一切ありません。日本政府が独自にイスラム国と交渉し、人質を解放させられる見通しと自信があるのなら、問題ないと思いますが、そうでないとしたら、なぜ、連絡がないのか、首を傾げます。

Shamil K Tsuneoka Facebook
https://www.facebook.com/shamil.jp?ref=ts&fref=ts

【追記3】
池内恵(さとし)氏「中東・イスラーム学の風姿花伝」より

「イスラーム国」による日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ

Satoshi Ikeuchi Facebook
https://www.facebook.com/satoshi.ikeuchi?ref=ts&fref=ts

Advertisements